一般的に手術室の壁面パネルの材質として用いられるものには、グラサル、ステンレス、ホーローなどがありますが、弊社は下記の条件を満たすものとして「グラサルパネル」をご提案いたします。
グラサルは無機質であることから、傷による腐食や菌の繁殖といったことはなく、また施工から20年経っても色褪せることはありません。
特徴
耐候性・耐水性
高圧プレスによる脱水高密化・オートクレープ養生・表面に焼付けられたガラス質の薄膜などにより、極めて高い化学的安定性があり、抜群の対候性を発揮します。
抗菌性
内装化粧ボードとして抜群の安全性を誇り、医療や教育関連施設をはじめ、各種クリーンルームの内装や、トイレブース表面化粧材などに最適な素材として高い評価を頂いております。

耐薬品性
セラミック質の表面は、化学薬品に強い性能を有しています。病院等で用いられる消毒液にも塗膜をおかされることはありません。
不燃性・無煙性
完全不燃の法定不燃健在として認定されています。火災時にダイオキシンなどの有毒ガスや煙が発生しません。

耐摩耗性
表面モース硬度が3〜4と、ガラスに近い硬さを有しており、傷が付きにくく、テーバ磨耗指数は73(ベージュ)と磨耗に強く、優れた耐摩耗性を有しています。
耐汚染性
静電気の発生が少なく、加えてガラス質の薄膜で覆われていますので、塵や埃が着きにくく、万一汚れても簡単なお手入れで、汚れを落とすことができます。
施工例
メンテナンス
通常の汚れは、水洗いでクリーニングできます。
ただし汚れが目立つ場合は、綿布を使用し中性洗剤で表面を水拭きし、更に乾いた布で乾拭きして下さい。
特異な汚れについては、他の清掃方法にて除去できます。
しかし、長時間経過すると除去が難しくなる汚染物質もありますので、汚れを発見したらできるだけ早く除去して下さい。