手術室環境支援システム・オアシスは、空調制御システム、電源制御システム、データ管理システムから構成されます。
空調制御システムは、浮遊微粒子数・麻酔ガス濃度の計測値に合わせて適切な空調制御を実施します。
電源管理システムは、手術室内で使用する使用電流値を計測し表示・記録します。
また、漏れ電流値、その他接続可能な機器の異常警報の通知し、その対応方法を表示することで支援します。
データ管理システムは、上記の2システムで記録されたデータを管理するシステムです。
主な機能
空調機制御 フィードバック制御及び、手術部エリアの全発停
塵埃 各手術室室内を常時測定、警告、記録
麻酔ガス 複数の手術室よりサンプリング周期測定、警告、記録
室圧 手術室、廊下間の差圧測定、警告、記録
HEPA HEPAフィルターの微差圧測定、警告、記録
電源 各手術室内の電気容量測定、警告、記録
手術室クライアント画面 設置例
タッチスクリーンパネルに直接タッチするだけで、現在の状態確認や制御等が行えます。