手術室・集中治療室など(生命維持装置を使用する配電系統)では、電源の遮断が望ましくありません。 そこで「アイソレーションユニット」の導入により、ME機器の地絡事故による電気遮断を防ぐことができます。
また、絶縁監視装置の表示ランプを確認することによって、できるだけ早い適当な時期に電路や機器の異常を察知し、修理対応等を行うことができます。

漏洩電流の値が電流表示メーターによって確認でき、また、絶縁監視装置の機能テストも行えます。
電気の使い過ぎによる電源の遮断を防止するために、標準仕様で過電流警報器を備えており、警報ランプとブザーによって電気の使い過ぎをお知らせします。
壁面コンセントモジュールや天吊機器搭載システム等と併せて、アイソレーションシステム・過電流警報器等の電気設備システムをトータルでコーディネートするため、メンテナンスも弊社でまとめて対応可能です。
本体表面はスチールの焼付塗装仕上のため、壁面の色と合わせるなど、お好みの色をお選びいただけます。
製品仕様
寸法(mm)W1,194×D300×H1,697
絶縁変圧器定格連続
冷却方式乾式自冷
相数単相
定格電源周波数50/60Hz
絶縁監視装置定格電源電圧AC100V
定格電源周波数50/60Hz
消費電力20VA
警報発報方式2.0mA以上でランプ、ブザーによる
警報出力無電圧
過電流警報器定格電源電圧AC100V
定格電源周波数50/60Hz
消費電力5VA
警報発報方式ランプ、ブザーによる
警報出力無電圧